総計: 908303  今日: 171  昨日: 343       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
Marcelino's ROOM
大切なあなたへ
神様の福音
結婚と家族
聖書の教え
祈りのしおり
主の祈り
言葉の花束
信仰という名の虐待
公会議の歴史
 はじめに
はじめに
クリスチャンの皆様へ
私の証し
 写真館
ギャラリー
 賛美と音楽
正教会聖歌ネットラジオ
正教会聖歌MIDI
Christian Tuner
パイプオルガンと音楽
 聖書美術
聖書の物語
ヴァチカン美術館
イコン
 クリスチャン映画
無料ネット映画「JESUS」
マリア
 クリスチャン・シンガーHP
KISHIKO
小坂忠
LYRE
森祐理
 プライベート散歩道
イコンの在る世界
高津キリスト教会HP
目黒教会HP
横浜ハリストス正教会
アッセンブリー京都教会
聖公会性的虐待事件
さくらカンパニー
シオンとの架け橋
長野聖救主教会HP
Christian Book.com
Christian Answers.net
 協力団体HP
BBN聖書放送
心のともしび
真理のみことば伝道協会
岡山めぐみキリスト教会
 心病むあなたに…
いのちの電話
国際ビフレンダーズ
心の散歩道
ふれあいの窓
UTU−NET
CMCC
CCC
  登録検索サイト
KIRISUTO.INFO
  鳥の歌(2006.12.10の日記)
この曲を知っている人は多くないかも知れません。
もともとはスペインのカタロニア地方の民謡ですが、
この曲を広めたのは、有名なチェリスト(チェロ奏者)の
パブロ・カザルス氏でありました。

----------------------------------------

カザルスがカタルーニャ民謡『鳥の歌』を演奏し始めたのは、第二次世界大戦が終結した1945年といわれる。この曲には、故郷への思慕と、平和の願いが結びついており、以後カザルスの愛奏曲となった。

1971年10月24日、カザルス94歳のときにニューヨーク国連本部において「私の生まれ故郷カタロニアの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」と語り、『鳥の歌』 (El Cant dels Ocells) をチェロ演奏したエピソードは伝説的で、録音が残されている


(Wikipediaより)

----------------------------------------

この曲はまた、クリスマスの曲でもあり、
この時期にあちこちで行われているクリスマスコンサートでも、
演奏されたり歌われたりしています。

日本では、新聖歌の94番に「鳥の歌」として
次のように歌詞がつけられています。

1.夜が明けて 小鳥たちは歌い始める
  良い知らせを
  「ベツレヘムに かわいい幼な子が 生まれ給うた
   この方こそ 神の独り子」と

2.小鳥の歌 村に町に告げ知らせる
  良い知らせを
  「この世の罪 その身に負うために 生まれ給うた
   この方こそ 世の救い主」と


今日は、とある教会でリコーダー奏楽の機会を与えられましたが、選曲した中にこの曲も取り入れました。
もちろんリコーダー用に編曲(アルトとソプラニーノを途中で持ち替えた)して演奏したのですが、
この曲は私にとっても愛奏曲となりそうです。

クリスマスの隠れた名曲です…


※カザルスの演奏は、以下のサイトから聴くことができます

http://membres.lycos.fr/casals/ecdo.htm

コメント   コメントを書く  

2006年12月10日
23:55
うさぎ♪
今日、帰りのバスでチェロを持ったカップルを見かけました。
弦楽器の音色は生で聴くとカラダの奥まで音色が響きわたります。

ロースターターには試練が多いけど、夢中になります。
2006年12月11日
22:55
けんみっちー
こんにちは。
どうも演奏ありがとうございました。
「鳥の歌」少しさびしげな曲でしたが、故郷への思いがあるのですね。私たちの故郷は、天の御国です。キリスト・イエスがお生まれになったことを深く思うこの季節、御国を想う者の一人とさせていただきたいものです。
2006年12月14日
23:42
marcelino
>紫陽花うさぎさん

弦楽器は、人間の声の波形に一番近い楽器だと
昔、何かのテレビで言ってたような気がします。

そう言えば、また何かヴァイオリンの着メロを作りますか。
ちなみに今夜は、カトリック典礼聖歌ですが、
「やまとのささげうた」から、《あわれみの賛歌》を作りましたよ〜

日記に書いた「鳥の歌」も着メロにしました。
なかなかGoodです。

>けんみっちーさん

どうも、いつもお世話になります。
忙しくてなかなか準備&練習が出来ない状態で本番を迎えたので、ちょいと緊張しました。
「鳥の歌」は歌われる機会は多くないかも知れません。
曲調は寂しい雰囲気ですが、主の御降誕を静かに祝う美しい曲だと思います。

クリスマスまであと10日あまり、
日々、祈りの中で歩んで行きたいと思います。

またよろしくお願いいたします。
    [1] 
 前のテキスト : MerryでもHappyでもない世界が…(2006.12.26の日記)
 次のテキスト : 自分の器で悩むべからず(2006.12.7の日記)

 

 Father's Love Letter
ホームページ
日本語ページ
  聖書検索
e−Bible
Bible Gateway
  ご協力を…
クリックで救える命
 出版社&ネットShop
日本聖書協会
いのちのことば社
日本基督教団出版部
教文館
キリスト新聞社
カトリック新聞
オリエンス宗教研究所
伝道出版社
全国キリスト教書店
 インターネット放送
BBN聖書放送
PBA太平洋放送協会
ゴスペルTV
ふくいんのなみ
FEBC ONLINE
心に光を
KINGDOM FELLOWSHIP
 キリスト教関連団体
ここをクリック
 キリスト教情報
世界キリスト教情報
キリスト者記者クラブ
クリスチャントゥデイ
 カルト・異端関連
カルト総合
エホバの証人問題
統一協会・モルモン教問題
その他
ここは、クリスチャン及び求道者の信仰生活に役立てるよう、
また、キリスト教に興味を持ち始めたばかりの人も、正しい知識を「楽しみながら」得られるようにしていきたいと思います。
同時に、キリスト教に関する様々な情報提供の場にもしたいと思います。
神様はどのコンテンツを通してあなたに働きかけるでしょうか?
各宗派・教派にこだわることなく、まだ神様を知らぬ方々の1人でも多くの人が福音に触れることが出来るように、
すべてのクリスチャンが協力できればと切に願います。
また、個人的な相談や教会の紹介もいたします。
必要ならば教会への取次ぎもいたしますので、ご希望の方は右上の「Eメール」からご連絡ください。

主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが常に皆さんと共にありますように †


管理人は日本聖公会信徒です。

※当HPはリンクフリーです。どなた様もご利用くださいませ。
ご一報いただければ幸いです。

by 管理人 マルセリーノ(marcelino)

2005.4.15

(サーバーの都合上、2020年12月現在、サイト内の記事追加や改変および更新等は削除以外は一切できなくなっております。
リンク切れ等もありますがご了承くださいませ)