総計: 664206  今日: 78  昨日: 128       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
Marcelino's ROOM
大切なあなたへ
神様の福音
結婚と家族
聖書の教え
祈りのしおり
主の祈り
言葉の花束
信仰という名の虐待
公会議の歴史
 はじめに
はじめに
クリスチャンの皆様へ
私の証し
 気分転換に♪
YouTube演奏会
My Music
 写真館
ギャラリー1
ギャラリー2
 賛美と音楽
聖歌・賛美歌着メロ
正教会聖歌ネットラジオ
カトリック聖歌MIDI
聖公会古今聖歌MIDI
正教会聖歌MIDI
その他、賛美歌MIDI
David Phelps Online
Christian Tuner
パイプオルガンと音楽
 聖書美術
聖書の物語
聖書美術館
ヴァチカン美術館
イコン
 クリスチャン映画
無料ネット映画「JESUS」
マリア
筆子・その愛〜天使のピアノ
クリスチャン映画案内
ナルニア国物語
マザー・テレサ
4日間の奇跡
石井十次:映画サイト
 クリスチャン・シンガーHP
Evergreen Choir
KISHIKO
内藤容子
久米小百合
小坂忠
岩淵まこと
松本優香
LYRE
大和田広美
MIGIWA
オリーブ
森祐理
向日かおり
吉村美穂
泉水美保
 プライベート散歩道
高津キリスト教会HP
目黒教会HP
横浜ハリストス正教会
アッセンブリー京都教会
聖ベネディクト修道院
聖公会性的虐待事件
オーソドクシー
青い空のもとで
さくらカンパニー
シオンとの架け橋
長野聖救主教会HP
Forward in Faith Links
Christian Book.com
Christian Answers.net
 協力団体HP
BBN聖書放送
心のともしび
真理のみことば伝道協会
岡山めぐみキリスト教会
 心病むあなたに…
いのちの電話
国際ビフレンダーズ
心の散歩道
ふれあいの窓
UTU−NET
CMCC
CCC
  登録検索サイト
KIRISUTO.INFO
KIRISUTO.INFO携帯版
Christian-net
  (6)牧師のことばを聖書のことばと思いこませるトリック
 

 ある牧師は信徒たちに「私は神様から、みことばによって、テーマを与えられました。それは、『自分を捨てて自分の十字架を背負いなさい』というみことばです」と言い、次の日曜日の礼拝のメッセージの中で、二つのみことばを中心にして、このテーマについて語りました。

 

 それは、コリント人への手紙第一15章31節のパウロのことばで、「兄弟たち。私にとって、毎日が死の連続です」と、マタイの福音書16章24節のイエス様のことば、「それから、イエスは弟子たちに言われた。『だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨てて、自分の十字架を負い、そしてわたしについてきなさい。』」です。

 

  その牧師はいろいろな観点から、自分を捨てるということと、自分の十字架を負うということの意味を説明しました。その時は別に何も問題は起きませんでしたが、その後、徐々に牧師の考え方、行動にズレが生じ、信徒たちに対して過剰な奉仕を求めるようになってきました。

 

 それが、結果的に虐待につながっていきました。毎週日曜日に、聖書から、そのテーマに基づいてさまざまなみことばを使いました。そして教会の中に、そのテーマとマタイの福音書、コリント人への手紙第一のみことばを書いた大きな垂れ幕を、壁に掛けたのです。日がたつにつれ、信徒たちの頭の中から、「神様のために自分を捨てて、自分の十字架を背負いなさい」 ということばが離れなくなり、いつもどうしたらそのようになれるかを考えるようになっていったのです。

 

 そこから徐々に信徒たちは、これらのみことばの本来の意味から離れて強迫的にこのことを考えるようになり、それと同時に牧師も、いろいろな行動を信

徒に求めるようになりました。「神様のために自分を捨てて、自分の十字架を背負いなさい」のテーマに基づいて、すべてのことをこのみことばに関連づけてしまうのです。

 

 牧師は、いつも主題説教の中で巧妙なテクニックを用いながら、信徒たちの考え方をコントロールしていきました。最初から露骨に牧師の意図する考えを話すのではなく、自分を捨てること、自分の十字架を背負うことについて、徐々に何回にも分けながら、自分の考えが、あたかも聖書の本当の意味であると信徒たちに思わせるような説教にしていったのです。

 

 このケースの最大の問題は、 説教のパターンが決まっていて、必ず最後に牧師の言うことに対して無批判的に、そして求めていることに対しては忠実に従わなければならないということでした。なぜなら、信徒たちは、本来の正しい聖書の解釈ではなく、牧師のことばを聖書のことばと思い込み、そこにことばのトリックが含まれていることに気づく者はほとんどいませんでした。

 

 こうして牧師は、次第に信徒たちの生活を管理し始めました。仕事を辞めさせて、教会のためにだけに働くことを命じることもありました。もちろんその人たちに、給料も休みも与えられませんでした。

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: (5)聖書のみことばが虐待の道具に利用されることがある
 次のテキスト: (7)牧師の高ぶりを助長する信徒たちの責任も大きい
 Father's Love Letter
ビデオバージョン
pdfファイル
  聖書検索
e−Bible
Bible Gateway
  キリスト教用語
簡単解説
  ご協力を…
クリックで救える命
 出版社&ネットShop
日本聖書協会
日本聖書刊行会
いのちのことば社
聖公会出版
日本基督教団出版部
教文館
女子パウロ会のお店
サン・パウロ SHOP
ドン・ボスコ社
キリスト新聞社
クリスチャン新聞
カトリック新聞
オリエンス宗教研究所
伝道出版社
百万人の福音
リバイバル新聞
CLC洋書書店
全国キリスト教書店
 インターネット放送
BBN聖書放送
PBA太平洋放送協会
フレンドシップラジオ
ゴスペルTV
ふくいんのなみ
ハーベストTV
FEBC ONLINE
心に光を
KINGDOM FELLOWSHIP
バチカン放送局
この指とまれ(ドラマ)
MACFネット放送
聖書と福音
 教派/教団/宣教団体
聖公会関連
カトリック関連
正教会関連
日本基督教団
メソジスト系
改革派・長老系
ルーテル系
バプテスト系
その他の教団・団体
 キリスト教関連団体
ここをクリック
 キリスト教情報
世界キリスト教情報
キリスト者記者クラブ
クリスチャントゥデイ
Cross Map
くりホン
 カルト・異端関連
カルト総合
エホバの証人問題
統一協会・モルモン教問題
その他
ここは、クリスチャン及び求道者の信仰生活に役立てるよう、
また、キリスト教に興味を持ち始めたばかりの人も、正しい知識を「楽しみながら」得られるようにしていきたいと思います。
同時に、キリスト教に関する様々な情報提供の場にもしたいと思います。
神様はどのコンテンツを通してあなたに働きかけるでしょうか?
各宗派・教派にこだわることなく、まだ神様を知らぬ方々の1人でも多くの人が福音に触れることが出来るように、
すべてのクリスチャンが協力できればと切に願います。
また、個人的な相談や教会の紹介もいたします。
必要ならば教会への取次ぎもいたしますので、ご希望の方は右上の「Eメール」からご連絡ください。

主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが常に皆さんと共にありますように †


管理人は日本聖公会信徒です。

※当HPはリンクフリーです。どなた様もご利用くださいませ。
ご一報いただければ幸いです。

by 管理人 マルセリーノ(marcelino)

2005.4.15